検定試験(漢検・英検・数検)は積極的に受験しよう!

<2019年09月04日 お知らせ>

ファイル 120-1.jpg

みなさまこんにちは。

秋の運動会が開催される時期とあって、塾生の皆さん

練習や部活など忙しい日々を過ごしているようです。

さて、三心では、秋の各種検定が実施されます。

中でも、漢字検定は、小学生のうちから積極的に受けて

おいて良い検定です。と申しますのも、国語・漢字は、すべての教科の

「基礎」となるからです。

級が上がってきますと、初めて見る単語、意味のわからない用語も

出てきますが、その問題がきっかけとなり、

言葉の意味を知る事に繋がります。

大学・短期大学では、入試方式が多様化していますが、

最近は、試験の成績に加え、取得している資格で受験者を

評価する学校が増えてきました。

なんと6割弱の大学・短大が漢検を評価しており、

その大部分が、漢検資格の有無を点数加算などの能力評価、

人物評価といった基準の一つとしています。

「すべての教科の基礎となる漢字能力の証明になる」

「やる気を持って学習に取り組む姿勢のアピールになる」

とみなしているわけですね。

中学生の皆さん、積極的に受験して参りましょう。

1級づつクリアしていきますと、力がつきます。

そして間違いなく自分の自信に繋がっていきます。

ぜひ受験しましょう。三心の講師陣は応援しています。

三心ゼミナール お知らせ一覧に戻る

一番上に
戻る